トップ 漫トロピーについて メンバー ランキング 活動ブログ | タイムライン ログイン
漫トロピーWebロゴ   検索オプション
姉の友人 のシリーズ情報 ウレピー!

姉の友人

姉の友人

著者

["ばったん"]

掲載誌

雑誌名 雑誌掲載情報 出版社
トーチweb

細部

15 : 名前: ちろきしん 2021/03/04 (Thursday) 12:15:08 7025

14歳のるり子は放課後、姉の元親友、今日子と会っている。今日子に惹かれるるり子。でもまだ中学生のるり子からは今日子は手の届かない遠い存在にしか思えなくて。るり子を見る今日子の瞳には姉との思い出が映し出される……出会ったのは深夜の喫茶店。お互いに惹かれ合いながら、分かれ道を辿らざるを得なかった二人の過去に何があったのか?るり子の恋の行方は?ページを開けばタバコの煙が漂ってくるようなオシャレな一冊。

ランキング情報

2020年漫トロ個人クソランキング 4 位 点 1353
2020年漫トロ個人ランキング 4 位 点 レニ
2020年漫トロ個人ランキング 4 位 点 ふれにあ
2020年漫トロ個人ランキング 7 位 点 ぴぴぽん
2020年漫トロ個人ランキング 10 位 点 みかんばこ
2020年漫トロ個人ランキング 10 位 点 のび
2020年漫トロ個人ランキング 15 位 点 ファービー
2020年漫トロ個人ランキング 16 位 点 コト。
2020年漫トロ個人ランキング 26 位 点 ちろきしん
全部読む 最新50
3 : 名前: kurabo(仮) 2020/12/05 (Saturday) 03:19:59 6605

自分の欲望に素直な女をみると安心する

4 : 名前: ファービー 2020/12/07 (Monday) 01:32:38 6687

上位の漫画、タバコ吸ってる女が出てくる作品が多くないですか?

7 : 名前: 1353 2020/12/08 (Tuesday) 15:30:30 6744

>>5
それマジ?

1 : 名前: レニ 2020/12/04 (Friday) 18:06:15 6597

姉がポッと出の男と結婚するのに非常に理不尽さを感じました。やはり異性愛規範は解体されねばならない。

2 : 名前: レニ 2020/12/04 (Friday) 18:10:36 6598

とは言いつつも、自分も結局異性愛のコードに乗っかる一人の「山吹くん」に過ぎないのだという現実を突きつけられて責め立てられているようで、心が抉られました。でもそれが気持ちいい…マゾなので…

5 : 名前: レニ 2020/12/07 (Monday) 06:01:31 6708

タバコは主体性を持った強い女の象徴なので

6 : 名前: みかんばこ 2020/12/08 (Tuesday) 14:48:55 6734

九龍と比べてこの作品世界のタバコ煙すぎないか

8 : 名前: レニ 2020/12/08 (Tuesday) 17:38:29 6760

http://www2.igs.ocha.ac.jp/en/wp-content/uploads/2013/04/15-Tachi.pdf

9 : 名前: レニ 2020/12/08 (Tuesday) 18:12:36 6764

表紙に使われてる一枚絵でも手に煙草と口紅が握られてるし、やっぱり重要な象徴なんですよ。それを画面構成と物語の転換点に上手く落とし込んでいて、見事。

10 : 名前: kurabo(仮) 2020/12/08 (Tuesday) 20:16:48 6769

恋人とうまくいっていない時に違うタイプの恋愛対象が来て乗り換えるという流れで、異性愛と同性愛の差を意識するようなこともなくとても自然に切り替えるのが良かった。
異性愛規範が解体された、目指すべき世界とはどのような感じなの?
たしかにこの漫画の「姉」もその妹も結局男を選んだけど、かなり等しく扱われてた印象。

11 : 名前: レニ 2020/12/09 (Wednesday) 05:19:42 6804

>10 ぶっちゃけた話をすると、異性愛規範を解体するのは無理なので、異性愛規範が「ある」ということを出発点に、規範を内部から「攪乱」し、「ずらしていく」ことで、必ずしも最良とは言えない現在のジェンダー規範に対する見方を変えていくことが必要(ジュティス・バトラーの言)
その上で、姉がぽっと出の男と結婚したり(結婚というのも、何故か男女の親密性にだけ対して認められた、ある意味特権的な制度だ)、主人公が最終的に山吹くんと「恋人」ではなく「友達」になったり、というのを見ていると、異性愛規範に対する問題提起とその「ずらし」というか、非常に強いバトラーみを感じた。

12 : 名前: 1353 2020/12/10 (Thursday) 16:55:26 6821

>>8
pdfに喫煙が女性規範から逃れる行為とは書かれてるけど主体性を持った行為とは書かれてなくない?
むしろ性規範から逃れようとする試み自体が規範に囚われているという点で規範的ともいえるし

13 : 名前: レニ 2020/12/10 (Thursday) 17:55:34 6823

強いて言うなら「富岡多恵子の作品での「たばこ」は、ジェンダー規範を超越し、自我を確立した女性像に賦与される記号の一つとなっている」ってとこだろうか
>5は僕の雑議論だし>8もメモ程度に残してるものなので許してくれ

14 : 名前: ちろきしん 2021/02/17 (Wednesday) 10:51:10 6931

白黒思考的な世界観。恋愛感情に囚われて苦しむメンヘラが回復する話として僕は読んだ。

15 : 名前: ちろきしん 2021/03/04 (Thursday) 12:15:08 7025

14歳のるり子は放課後、姉の元親友、今日子と会っている。今日子に惹かれるるり子。でもまだ中学生のるり子からは今日子は手の届かない遠い存在にしか思えなくて。るり子を見る今日子の瞳には姉との思い出が映し出される……出会ったのは深夜の喫茶店。お互いに惹かれ合いながら、分かれ道を辿らざるを得なかった二人の過去に何があったのか?るり子の恋の行方は?ページを開けばタバコの煙が漂ってくるようなオシャレな一冊。

似ている漫画(デモ) 停止中
書籍収録情報
姉の友人 姉の友人
© 京大漫トロピー
ページの終わり。。。