トップ 漫トロピーについて メンバー ランキング 活動ブログ | タイムライン ログイン
漫トロピーWebロゴ   検索オプション
図書館の大魔術師 のシリーズ情報 ウレピー!

図書館の大魔術師

図書館の大魔術師

著者

["泉光"]

掲載誌

雑誌名 雑誌掲載情報 出版社
good!アフタヌーン 講談社

細部

ランキング情報

全部読む 最新50
1 : 名前: レニ 2018/10/29 (Monday) 10:25:05 5159

2 : 名前: 1353 2018/10/29 (Monday) 11:19:30 5176

出てくる人間が皆んなピュアすぎて(それがいいんだけど)毒がないので、今後の盛り上がりが欠けてしまいそうに思った。
一方自分はショタをお姉さんが手解きしてあげるおねショタとしてみてた。

3 : 名前: ばいたると 2018/10/29 (Monday) 16:55:34 5257

地の文が荘厳で、各キャラクターのセリフ回しが一々カッコいい。
書き込み量もエゲツない。
読んでるだけで気持ちよくなっちゃうよ。

4 : 名前: 清盛 2018/10/31 (Wednesday) 17:29:42 5383

書き込みとか画面の情報量の多さを見づらいと取るか美しいと取るか。画力も高いし、僕は美しいと感じた。ショタの成長もちゃんと描けてる。

5 : 名前: みかんばこ 2018/11/01 (Thursday) 10:51:58 5416

読後感が最高。物語として、ではなく1巻を単巻として見ての感想。

6 : 名前: wry 2018/11/01 (Thursday) 12:59:03 5418

2巻からは今のヒロインをクビにして新しい美少女を雇てください(無慈悲)

7 : 名前: りるっと 2018/11/01 (Thursday) 15:15:05 5432

画面の描き込み量は『乙嫁語り』を感じたが、『乙嫁語り』のほうがメリハリがあって美しいかも。でも大きく劣らずに壮大な世界観を感じさせる。

8 : 名前: QP 2018/11/02 (Friday) 02:27:32 5472

情報量が多すぎて脳が処理しきれん。ひどい時のワンピくらい情報多いで。

9 : 名前: のび 2018/11/02 (Friday) 13:52:36 5540

画力が凄すぎる

10 : 名前: wry 2018/11/05 (Monday) 15:37:16 5602

あらすじ
魔法は本の中にある、書物は金と同様の価値を持っていた。こんな国の中で、すべての民族の記憶を残すために、魔術師たちは「図書館」を作った。小さな村で姉と2人、貧しい暮らしをしていた少年シオは本の都“アフツァック”に憧れを抱いていた。ある日、彼はアフツァックにある中央図書館の司書、17歳の少女セドナと出会った。この出会いをきっかけに、本来自分の長い耳や貧困に引け目を感じ、いじめられていた少年はやっと、勇気を出して、暴走した魔法から人を救うことをできた。そして7年後、少年の本格冒険はいよいよ始まったーー圧倒的な画力、味深い世界観、魔法と冒険の旅はここで開幕!

似ている漫画(デモ) 停止中
© 京大漫トロピー
ページの終わり。。。