トップ 漫トロピーについて メンバー ランキング 活動ブログ | タイムライン ログイン
漫トロピーWebロゴ   検索オプション
動物たち のシリーズ情報 ウレピー!

動物たち

動物たち

著者

["panpanya"]

掲載誌

雑誌名 雑誌掲載情報 出版社

細部

13 : 名前: ファービー 2017/11/10 (Friday) 22:02:02 5033

何気ない幸運や喧騒の中の静けさ、他人からの思いやり……。ともすれば見逃しがちな日常の小さな幸せを動物を話のテーマ据えながら作者なりのタッチで描き出していく。描き込まれた背景と簡素な人物のイラストの対比に読者は作者独自の世界に引き込まれるだろう。そしてその世界はきっと現実における動物と人間の関係を暖かく教えてくれるに違いない。panpanya先生1年ぶりの新作短編集。

ランキング情報

2017年漫トロ個人ランキング 4 位 点
2017年漫トロ個人ランキング 9 位 点 北田
2017年漫トロ個人ランキング 11 位 点 りんご
2017年漫トロ個人ランキング 12 位 点 白黒
2017年漫トロ個人ランキング 15 位 点 びたみん
2017年漫トロ個人ランキング 18 位 点 ホリィ・セン
2017年漫トロ個人ランキング 21 位 点 ハヤブサ
2017年漫トロ個人ランキング 22 位 点 醤油
2017年漫トロ個人ランキング 23 位 点 清盛
全部読む 最新50
1 : 名前: 醤油 2017/10/29 (Sunday) 02:15:12 4260

動物たち…… Beasts... BEASTARS!というのは冗談だけど、今作はタイトル通り動物たちとの出会いが中心のストーリーが並ぶ。
panpanya先生の、夢と現実の境界が水彩画のように溶けだす作風の中で、今度は人間と動物の境界も溶けてゆく。シンプルな線で描かれた少女と動物たちが仲良く動き回っているが、これはどういうことなのだろう。説明も何もなく坦々と流れる不思議な世界は、夢を見ているときに働く、あの訳の分からぬ説得力で支えられている。
また今作は、へんてこな水族館に行ったり、枕崎まで遠出するような冒険は少なく、動物たちがこちらの世界に踏み込んでくるような、生活感のある話が多い。何食わぬ顔で隣人を演じる動物たちと我々は、まさに同じ穴の狢なのかもしれない。
まあ読んだのだいぶ前だから、いい加減なことしか言ってないんだけどね。いま手元にないし。電子書籍ではなく、紙媒体で読みたい漫画ナンバーワン。

2 : 名前: りんご 2017/10/30 (Monday) 16:53:16 4357

紙媒体で読みたい漫画ってのは本当に同意で、panpanya先生みたいに実在性や空気感を感じる作者さんの絵は現物として持っておきたい、みたいな感覚がまだ自分の中にはある。漫画も電子書籍やアプリで読むことが多くなってきたけれど、手に抱えた紙の束の重みを感じながら作品世界に溶け込んでいくという体験をこの時代に与えてくれる先生に感謝。(懐古)

3 : 名前: 黒鷺 2017/10/31 (Tuesday) 15:13:39 4460

panpanya先生に定期的にお金を払えるよろこび。

4 : 名前: QP 2017/11/02 (Thursday) 23:14:26 4695

この前和歌山に旅行したらpanpanya先生がいた

5 : 名前: ピラタス 2017/11/03 (Friday) 11:53:10 4736

今回はなんかテーマ性がありましたね(動物たち)

6 : 名前: ハヤブサ 2017/11/03 (Friday) 13:07:23 4757

panpanyaの見知った町を散歩しててふといつも通らない道を進んでみるといつもとは違う世界に迷い込んだみたいな感覚を体験できるので好き(1年ぶり2回目)

7 : 名前: りんご 2017/11/04 (Saturday) 05:24:37 4843

来年もpanpanya先生にお布施を包めるといいなあ。

8 : 名前: 2017/11/04 (Saturday) 17:43:15 4882

古ぼけた街の描き込みがすごく好き。絵だけで、人が生活してる街の匂いがしてくる。それなのに、登場するキャラクターは緩い絵柄で、良い意味で不思議な感覚。目を疲れさせないためのpanpanya先生の配慮かな(?) あと、動物たちと人間側の向き合い方には、考えさせるものがあった。

9 : 名前: まるた 2017/11/05 (Sunday) 02:39:03 4916

マミ~ムジナ~うちにも来てくれ~

10 : 名前: ホリィ・セン 2017/11/05 (Sunday) 22:17:17 4954

いつも同じような作品描いてるのにネタが尽きないどころかどんどん洗練されていってるのはこういう作家にしては珍しい。

11 : 名前: 黒鷺 2017/11/05 (Sunday) 23:08:32 4965

デビュー時と比べると、抽象度や風刺らしさが減って、日常的な視点が増えた気がする。楽園の短ページ連載のお陰で、小ネタをお話にするのが上手くなったのかも。

12 : 名前: びたみん 2017/11/05 (Sunday) 23:15:01 4967

暗く優しい絵柄の世界に生きているムジナ。より一層可愛く思える。

13 : 名前: ファービー 2017/11/10 (Friday) 22:02:02 5033

何気ない幸運や喧騒の中の静けさ、他人からの思いやり……。ともすれば見逃しがちな日常の小さな幸せを動物を話のテーマ据えながら作者なりのタッチで描き出していく。描き込まれた背景と簡素な人物のイラストの対比に読者は作者独自の世界に引き込まれるだろう。そしてその世界はきっと現実における動物と人間の関係を暖かく教えてくれるに違いない。panpanya先生1年ぶりの新作短編集。

似ている漫画(デモ) 停止中
書籍収録情報
動物たち 動物たち
© 京大漫トロピー
ページの終わり。。。