トップ 漫トロピーについて メンバー ランキング 活動ブログ | タイムライン ログイン
漫トロピーWebロゴ   検索オプション
先生の白い嘘 のシリーズ情報 ウレピー!

先生の白い嘘

先生の白い嘘

著者

["鳥飼茜"]

掲載誌

雑誌名 雑誌掲載情報 出版社
モーニング・ツー 講談社

細部

22 : 名前: りんご 2014/11/09 (Sunday) 10:38:43 2740

主人公の原美鈴は高校教師。
自分を「人間を二つにわけたときに少し損をしている側」の人間だと考える彼女は、その言葉の通り、あまり目立たない生活を送っている。しかし、親友の美奈子、その旦那であり主人公と関係を持ち続けている早藤、「女性」が怖いと言う教え子との関係の中で、少しづつ自分の中に溜め込んでいた感情を見せ始める。
男であること、そして女であるということとはいったい何なのか。

ランキング情報

2014年漫トロ個人クソランキング 1 位 点 ユーカリ
2014年漫トロ個人クソランキング 2 位 点 黒部
2014年漫トロ個人クソランキング 4 位 点 森のくまぞー
2014年漫トロ個人クソランキング 4 位 点 よつぼし
2014年漫トロ個人ランキング 3 位 点 りんご
2014年漫トロ個人ランキング 7 位 点 ふわふわ
2014年漫トロ個人ランキング 10 位 点 オグリビー
2014年漫トロ個人ランキング 12 位 点 QP
2014年漫トロ個人ランキング 15 位 点 らふぃーる
2013年漫トロ個人ランキング 7 位 点 zeki
全部読む 最新50
1 : 名前: 森のくまぞー 2014/11/03 (Monday) 11:45:32 2052

ただただ読んでて不快になる

2 : 名前: よつぼし 2014/11/04 (Tuesday) 23:18:08 2074

どの登場人物にも赤い血が通ってると思えなくて1巻を読んでメッセージが心に伝わってこなくて糞ランに入れたのだけど、2巻を読んで登場人物に共感をしようと思わなければ面白いんじゃないかという気がしてきた。でも、登場人物が糞なことに変わりないので後悔はしてない。

3 : 名前: よつぼし 2014/11/04 (Tuesday) 23:31:36 2075

↑上のなしで

1巻を読んでどの登場人物にも赤い血が通ってると思えなくメッセージが心に伝わってこなく糞ランに入れたのだけど、2巻を読んで登場人物に共感をしようと思わなければ面白いんじゃないかという気がしてきた。でも、登場人物が糞なことに変わりないので後悔はしてない。

4 : 名前: 黒鷺 2014/11/06 (Thursday) 12:36:05 2111

その不快さが良いんちゃうん。レイプ野郎の男も、そいつ自身にムカつくってよりも、そいつが「男」の象徴みたいに感じられて、たとえソイツをぶっ殺しても問題が全然解決しないような絶望感があって、読んでてつらい。

5 : 名前: よつぼし 2014/11/06 (Thursday) 12:48:31 2117

×思えなくて ◯思えないし

6 : 名前: よつぼし 2014/11/06 (Thursday) 14:08:28 2141

↑上に書き込んだんだけど、変えたい。

1巻を読んで、セックスやレイプの話がやたら多く作者が与えようとしてる不快感などにチープさを感じたので糞ランに入れた。でも、2巻読んで見ると、合コン中にレイプし始めて突き抜けてて面白いんじゃないかという気がしてきた。でも、登場人物が糞なことに変わりないので後悔はしてない。

7 : 名前: らふぃーる 2014/11/07 (Friday) 05:51:48 2285

シーンとしては短いけど、生徒の前で先生の仕草というか、演じてる感というか、そういう客観的に見た「私」を非常に上手く描けていて、それだけでランキングに入れてしまった。

8 : 名前: よつぼし 2014/11/07 (Friday) 06:08:17 2289

↑×2 やっぱり自分のコメントはなかったことで。もう少し言葉を選びたい。何度もすみません。

9 : 名前: りんご 2014/11/07 (Friday) 07:20:00 2315

社会的性差について触れた話はよくあるが、生理的性差にもここまで生々しく、またそのためうすら寒くも描いた作品は稀有じゃないかなぁと。個人的に登場人物たちのクズさは話を回すためのエンジンだと思ってるので気にならない、というかむしろそこが好きだ。

10 : 名前: ホリィ・セン 2014/11/07 (Friday) 14:58:01 2364

セックス

11 : 名前: よつぼし 2014/11/08 (Saturday) 07:56:30 2447

2回読んでも何も感じなかったが、りんご君などの意見を聞いてまた改めて読みなおすと、この作品の良さがよくわかってきた。りんご君、ありがとう。

15 : 名前: ふわふわ 2014/11/08 (Saturday) 16:07:03 2542

あと生理的性差って何?生物学的性差とは違うの?ちょっとそこのところ詳しく聞きたい。

12 : 名前: ふわふわ 2014/11/08 (Saturday) 15:51:16 2533

よつぼしホンマ勘弁してくれ

13 : 名前: オグリビー 2014/11/08 (Saturday) 15:58:28 2537

ただ先生がクズ男にレイプされるだけやったらこんなつらい気持ちにはならん。クズな登場人物の言ってることは納得はいかないけど反論できない、歯がゆい気持ちにさせられる。

14 : 名前: ふわふわ 2014/11/08 (Saturday) 16:05:39 2540

「男」「女」のジェンダーでガンガンに殴られ続けて吐き気がする漫画。意識してここまで不快な漫画を書ける才能は希有。こういう「男」「女」のジェンダーとガンガンに闘っていかなあきまへんねん。

16 : 名前: りんご 2014/11/08 (Saturday) 18:40:28 2589

すいません、同じ意味で使ってます。「生物学的差異」のが僕の思ってるところに近いです。

17 : 名前: 黒部 2014/11/08 (Saturday) 21:28:52 2612

ただ気持ち悪い。男女の差をああいう風に表現する理由がきちんとあって、結果はなしが面白いなら構わないけれど面白くもないし特に理由も感じられなかった。誰目線でも共感が持てない。

18 : 名前: るき 2014/11/09 (Sunday) 04:29:33 2649

これを読んで「男女観がよく描けてる」とか言う男が目の前にいたらグーパンするレベル(女子の感想)。女性目線でレイプが描かれてはいるものの、この主人公女性は自己評価が低すぎて男社会でやっていけるとは思えない。

19 : 名前: QP 2014/11/09 (Sunday) 04:57:25 2658

男女観が全面に押し出されていて、ものっそ自覚させられる。

20 : 名前: ユーカリ 2014/11/09 (Sunday) 07:16:59 2701

旦那が構ってくれず冴えない友達と密通してるからって、丹誠込めたロールキャベツをぶっ飛ばしてまた器に盛りなおすあの女は一度クリニックに行った方がいいかもしれん。

21 : 名前: よつぼし 2014/11/09 (Sunday) 08:47:05 2725

ここには恥ずかしくて書けないが、この作品を読むことによってメタ的にジェンダーバイアスに陥っていた1人なのだということに気づかされた。

22 : 名前: りんご 2014/11/09 (Sunday) 10:38:43 2740

主人公の原美鈴は高校教師。
自分を「人間を二つにわけたときに少し損をしている側」の人間だと考える彼女は、その言葉の通り、あまり目立たない生活を送っている。しかし、親友の美奈子、その旦那であり主人公と関係を持ち続けている早藤、「女性」が怖いと言う教え子との関係の中で、少しづつ自分の中に溜め込んでいた感情を見せ始める。
男であること、そして女であるということとはいったい何なのか。

似ている漫画(デモ) 停止中
© 京大漫トロピー
ページの終わり。。。