トップ 漫トロピーについて メンバー ランキング 活動ブログ | タイムライン ログイン
漫トロピーWebロゴ   検索オプション
ブタイゼミ のシリーズ情報 ウレピー!

ブタイゼミ

ブタイゼミ

著者

["みかわ絵子"]

掲載誌

雑誌名 雑誌掲載情報 出版社
good!アフタヌーン 講談社
good!アフタヌーン 講談社

細部

ランキング情報

2017年漫トロ個人ランキング 3 位 点 ホリィ・セン
2017年漫トロ個人ランキング 7 位 点 ふゆ
2017年漫トロ個人ランキング 16 位 点 新次郎
2017年漫トロ個人ランキング 24 位 点 ハヤブサ
2017年漫トロ個人ランキング 25 位 点 ともお
2016年漫トロ個人ランキング 10 位 点 黒鷺
全部読む 最新50
1 : 名前: QP 2017/10/31 (Tuesday) 15:25:52 4467

ここ最近色々な演出を試していて,どこに落ち着くか楽しみ

2 : 名前: 黒鷺 2017/10/31 (Tuesday) 15:46:40 4473

演劇を題材にすると役者が他の登場人物と比べてどうすごいのかを表現するのが難しいだろうに、今作はその”凄み”に対して色々アプローチしていて楽しい。誰かの感情をなぞることで自らの感情表現を学ぶというのは演劇の効用の一つでもあり、今まで漫画では触れられてこなかった点なのかな。

3 : 名前: 新次郎 2017/11/02 (Thursday) 21:50:41 4685

主役級の2人だけでなく、周囲の人間もキャラが立っている

4 : 名前: ハヤブサ 2017/11/03 (Friday) 13:16:17 4767

終わるの早かったな

5 : 名前: ふゆ 2017/11/03 (Friday) 14:14:45 4770

>>5 セミの命は短いんや

6 : 名前: ホリィ・セン 2017/11/06 (Monday) 05:27:31 4983

演劇漫画でいまひとつ演劇の面白さが伝わってこないものが多かった気がするのは、役作りや演出のための方法論を詳しく描くのを回避してきたからではないか。もっと『花もて語れ』みたいな思いきりがあっても良かったんだと思う。ブタイゼミは感情表現のためにスタニスラフスキー的な「内面の作りこみ」のメソッドも踏まえつつ、「他の役者との掛け合いによって感情が引き出される」という経験をちゃんと描いてるし面白い。『犬神もっこす』の「感情の出せない役者をどうキャスティングするか」のアプローチも好きだったんだけど、ブタイゼミの方が王道だと思う。

似ている漫画(デモ) 停止中
© 京大漫トロピー
ページの終わり。。。