トップ 漫トロピーについて メンバー ランキング 活動ブログ | タイムライン ログイン
漫トロピーWebロゴ   検索オプション
スキップとローファー のシリーズ情報 ウレピー!

スキップとローファー

スキップとローファー

著者

["高松美咲"]

掲載誌

雑誌名 雑誌掲載情報 出版社
月刊アフタヌーン 講談社
月刊アフタヌーン 講談社

細部

36 : 名前: 1353 2019/11/08 (Friday) 15:39:17 6567

石川県の田舎出身の女の子岩倉みつみはポジティブな努力家。T大卒業後官僚になることを目指して、都会の進学校に首席入学を果たし、通学のため地元を離れて東京の叔母の家に住みこみはじめる。進学校の人間は都会慣れした格好良く個性派な人たちばかり。そんな中同世代コミュニケーションの乏しさ故勝手の分からないみつみは入学式に遅刻したり、ゲロを吐いたりしちゃうけど、持ち前の天然さと前向きさで気にしない。試験勉強、委員会、部活動、そして恋愛。スクールライフの右も左も分からない中みつみはT大合格という目的を見据えて自分なりに何をすべきかを模索していく。周囲に笑われたり、滑ったりしても気にしない。逆にそれこそが周りを笑顔にしていき、聡介や誠といった色々な人物を巻き込んでいく。それこそみつみの力だ。頑張れみつみ。負けるなみつみ。応援してるぞみつみ。殺伐とした現代だからこそ読むべきゆるふわ癒し系ストーリーがアフタヌーンで開幕!

ランキング情報

2019漫トロ個人クソランキング 1 位 点 醤油
2019年漫トロ個人ランキング 1 位 点 ころも
2019年漫トロ個人ランキング 3 位 点 ちろきしん
2019年漫トロ個人ランキング 4 位 点 ファービー
2019年漫トロ個人ランキング 4 位 点 とっきー
2019年漫トロ個人ランキング 5 位 点 1353
2019年漫トロ個人ランキング 8 位 点 まるた
2019年漫トロ個人ランキング 8 位 点 だち
2019年漫トロ個人ランキング 9 位 点 シチョウ
2019年漫トロ個人ランキング 10 位 点 がなり
2019年漫トロ個人ランキング 11 位 点 コト。
2019年漫トロ個人ランキング 12 位 点 清盛
2019年漫トロ個人ランキング 15 位 点 のび
2019年漫トロ個人ランキング 17 位 点 ぴぴぽん
2019年漫トロ個人ランキング 19 位 点 ホリィ・セン
2019年漫トロ個人ランキング 20 位 点 Guillome
2019年漫トロ個人ランキング 20 位 点 みかんばこ
2019年漫トロ個人ランキング 23 位 点 ふれにあ
2018漫トロ個人ランキング 11 位 点 オグリビー
2018漫トロ個人ランキング 27 位 点 清盛
全部読む 最新50
1 : 名前: ファービー 2019/10/26 (Saturday) 04:20:28 5667

我々も自分と異なる他者を受け入れて、生きていきましょう。

2 : 名前: 1353 2019/10/26 (Saturday) 06:14:32 5669

田舎出身で官僚目指してるってのがこれまたリアルよな

25 : 名前: レニ 2019/10/29 (Tuesday) 07:24:26 6210

皆ギスギスした現世に疲れてるんじゃない?

3 : 名前: 清盛 2019/10/26 (Saturday) 07:52:01 5702

自己評価が高いけど虚栄心が強いわけではないところが愛されポイント

4 : 名前: シチョウ 2019/10/26 (Saturday) 08:46:30 5724

わりとリアルな進学校を描いているのがよかった
実際地方出身者は勉強できて純朴なイメージ

5 : 名前: まるた 2019/10/26 (Saturday) 09:32:56 5741

天然で妙にポジティブ、かつ秀才で明確な将来設計を持っている。この生き物を都会というケージに放り込んでみると可愛いんだこれが。

6 : 名前: kurabo(仮) 2019/10/26 (Saturday) 13:43:33 5808

『事情を知らない転校生がグイグイくる』

7 : 名前: QP 2019/10/26 (Saturday) 13:45:42 5809

画面の作り方がアフタヌーンだよなあ。カメラワークや背景・トーンの使い方が巧く、ホスピタリティ溢れてる。

8 : 名前: みかんばこ 2019/10/26 (Saturday) 14:02:24 5812

互いの相互理解を描く前に、読者にキャラクターのおおまかな思想信条を理解させているのがとっつきやすさに一役買っているように思う。

9 : 名前: レニ 2019/10/26 (Saturday) 14:33:31 5826

よそ者が都会の人間関係に包摂されていく様を、日常系的な無害さと読みやすさでパッケージングして温かく仕上げてるのは、良くも悪くも円い気がする。

10 : 名前: レニ 2019/10/26 (Saturday) 14:35:05 5827

面白い漫画だと思う一方、これよりチェンソーマンとかルーツレポみたいな尖った漫画が評価されてほしい気持ちもあって。

11 : 名前: 1353 2019/10/26 (Saturday) 19:14:39 5930

実際の進学校って岩倉さんカラオケに誘ったクラスメートのようなタイプばかりだし、そういう奴らは成績も試験前に要領良くやって岩倉さんみたいな人より高かったりするんだよな

12 : 名前: 1353 2019/10/26 (Saturday) 19:14:59 5931

岩倉さんみたいな人が生きやすい世の中であってくれ

13 : 名前: 清盛 2019/10/26 (Saturday) 20:49:36 5946

みつみのスベった自己紹介を志摩がイジって笑いとってるとことかスクールカーストとしてリアル。実際のカーストってバカうどんが描いてたような極端な格差じゃなくて、ああいうぼんやりした壁があるんだよな。

14 : 名前: みかんばこ 2019/10/27 (Sunday) 01:46:59 5966

主人公の天然に心動かされる周囲、内容は違えど構図は「わたモテ」だよね

15 : 名前: ホリィ・セン 2019/10/27 (Sunday) 04:39:34 5983

少女漫画テンプレとスクールカーストテンプレをうまくハイブリッドしたなあ。鬱屈した漫トロ民を癒すやさしい世界。

16 : 名前: ばいたると 2019/10/28 (Monday) 09:45:36 6106

アフタが1位になるっていうのはまあ……ええことやない?

17 : 名前: Guillome 2019/10/28 (Monday) 14:37:19 6138

主人公の顔がとにかく可愛い、一方の志摩はしばきたくなるようなアンニュイ顔をしていて…(狂った審美眼)

18 : 名前: 醤油 2019/10/28 (Monday) 15:56:25 6155

田舎者って本当にこんな純朴なんですか?クロスレビューで田舎の因習漫画ばかり読んだので信じられないのですが。

19 : 名前: 1353 2019/10/28 (Monday) 20:17:37 6166

純朴っていうか世間知らずだよなと スクールカーストばかりが取りざたされるけど友人や部活の選択といった級友たちがとっくに済ませてる選択に難儀しているシーンとか

20 : 名前: 1353 2019/10/28 (Monday) 20:29:20 6167

岩倉は無知・無垢の存在。だから勉強する、生徒会長になる、東大に入る、官僚になるといったテンプレート中のテンプレートでしか自己実現がの形を思い描けないし、友人・部活・生徒会・恋愛といった「周囲の人間がとりあえずやっているもの」に対して確たる軸を持って接することができておらず、周囲の言動に流されている。

21 : 名前: 1353 2019/10/28 (Monday) 20:37:20 6168

一方で志摩を初めとする同級生たちは自由人。彼らは勉強だけが高校生の本分ではないと無意識ながらにも理解しているので人間関係や部活などにリソースを割いて自分の立場を貫いている。そして集団での行動を行う。
ここが規範意識に囚われた単独主義者の岩倉との相違点であり、見事なまでにステレオタイプ的な田舎⇔都会の二項対立を描いている。

22 : 名前: 1353 2019/10/28 (Monday) 20:49:28 6169

こうした田舎から上京してカルチャーギャップに苛まされる人は実際多くいる(ネット上での東京に関するイメージなどを見てみればわかる)
また、勉強以外に価値基準を置く同級生や悪意をむき出しにせず下心を抱えながら暮らす学生社会・スクールカーストなどは経験則ではあるが、実際の進学校を示していると思う。(私見だが進学校の人は勉強はちょっとやればできる⇒他の事やろう!ってなるし、テストの点が取れるくらいには賢いので悪意を持っていてもその悪意を隠すくらいの知恵はある)

23 : 名前: 1353 2019/10/28 (Monday) 20:55:14 6170

こうした「あるある」と読者に納得させるようなリアリティに満ちた背景で(現実では少数派であるとしても)岩倉は天然を武器にして努力を続けるからこそ読者は共感できるし、癒しを生むのだと思う。

24 : 名前: ちろきしん 2019/10/29 (Tuesday) 06:00:31 6195

社会学の授業で、「小さな物語間の衝突」が焦点になったゼロ年代と比較して、テン年代は「物語間の共存」がテーマになったという話を聞いたのだけれど、スキップとローファーはまさにそれに合致した作品だと思う。「けものはいてものけものはいない」「姿形も十人十色、だから惹かれ合うの」と歌ったけものフレンズと同時代の作品だよね。
まあ、正直座談会での醤油さんの批判にはほぼ全面的に賛成するけどね。天然コケコッコーに勝るものを見つけられなかった。

26 : 名前: ふれにあ 2019/10/29 (Tuesday) 16:02:31 6238

世間知らずでしばしばやらかす主人公でも、なんだかんだうまくいくのはずるいと思います!

27 : 名前: ふれにあ 2019/10/29 (Tuesday) 16:09:04 6240

一方で、主人公の目を通して描かれる学校内の描写は、高校入学初期の人間関係がまだ固定されてないフワフワ感がうまく表現されていて上手いなと思った。登場人物が多すぎず適度に狭い人間関係で、「みつみちゃんの高校生活」の登場人物はこの人たちなのねと等身大の理解ができる。

28 : 名前: のび 2019/10/29 (Tuesday) 17:44:11 6260

江頭さんが中高の頃の自分と重なる部分があってしんどいゾ...。

29 : 名前: のび 2019/10/29 (Tuesday) 18:28:41 6266

普通だったらカラオケや、スタバの時点で脱落していく人がいるけど、そんな人が一人も生まれないのはやっぱりみつみちゃんの力なんだよね。

30 : 名前: コト。 2019/10/31 (Thursday) 16:18:53 6350

普通だったら違うグループに属している子たちが集まって、お互いを理解しようと歩み寄る描写、あたたかくて好き。現実じゃそうそうないよね……。天然・純朴といってもみつみちゃんは頭いい設定だから、何をしでかすか悪い意味でハラハラするってことがないのが良い。

31 : 名前: がなり 2019/11/04 (Monday) 08:16:12 6397

5分くらい考えたけどタイトルの意味が分からなかった

32 : 名前: だち 2019/11/04 (Monday) 12:38:30 6420

田舎出身ってところをスクールカーストの下位じゃなくてスクールカーストから外れた場所にはめたのが成功だよね。主人公のバックグラウンドにネガティブな印象を持たせないことによって、逆境を乗り越えるテンプレ的な感動じゃなくて、優しい世界が広がっていくユートピアを読者に提供しているんだと思う。

33 : 名前: ぴぴぽん 2019/11/04 (Monday) 14:55:18 6442

みつみちゃんがナオちゃんの手を握るところ大好きです。

34 : 名前: とっきー 2019/11/04 (Monday) 21:02:57 6452

フィクショナルな優しい世界でスクールカーストみたいな問題を解決するのは、現実と乖離していてプロレスじみているが、それ故に心にくるものがあると思う。

35 : 名前: ころも 2019/11/07 (Thursday) 16:58:35 6545

主人公の猫デフォルメの可愛さは神。

36 : 名前: 1353 2019/11/08 (Friday) 15:39:17 6567

石川県の田舎出身の女の子岩倉みつみはポジティブな努力家。T大卒業後官僚になることを目指して、都会の進学校に首席入学を果たし、通学のため地元を離れて東京の叔母の家に住みこみはじめる。進学校の人間は都会慣れした格好良く個性派な人たちばかり。そんな中同世代コミュニケーションの乏しさ故勝手の分からないみつみは入学式に遅刻したり、ゲロを吐いたりしちゃうけど、持ち前の天然さと前向きさで気にしない。試験勉強、委員会、部活動、そして恋愛。スクールライフの右も左も分からない中みつみはT大合格という目的を見据えて自分なりに何をすべきかを模索していく。周囲に笑われたり、滑ったりしても気にしない。逆にそれこそが周りを笑顔にしていき、聡介や誠といった色々な人物を巻き込んでいく。それこそみつみの力だ。頑張れみつみ。負けるなみつみ。応援してるぞみつみ。殺伐とした現代だからこそ読むべきゆるふわ癒し系ストーリーがアフタヌーンで開幕!

似ている漫画(デモ) 停止中
© 京大漫トロピー
ページの終わり。。。