トップ 漫トロピーについて メンバー ランキング 活動ブログ | タイムライン ログイン
漫トロピーWebロゴ   検索オプション
あの人の胃には僕が足りない のシリーズ情報 ウレピー!

あの人の胃には僕が足りない

あの人の胃には僕が足りない

著者

["チョモラン"]

掲載誌

雑誌名 雑誌掲載情報 出版社
モーニング・ツー 講談社

細部

21 : 名前: 1353 2018/11/04 (Sunday) 14:59:00 5599

船次蒔絵はあこがれの先輩満腹さちに自分の好意を伝えるべく手作りの弁当を渡す。しかし満腹さちの正体は人間ではなくワタリと呼ばれる異世界の怪物だった。蒔絵はワタリである先輩に捕食される危険を冒しながらも彼女に向かい合い弁当を食べてもらい好意を伝える―あの人の胃に僕を満たすために―。そして満腹さちはワタリに変身するのを抑えるために、蒔絵への恋心を必死に抑えようとする。この不器用な恋の結末はいったいどうなるのか?数々のスピンオフ・同人作品を手掛けてきたチョモランの瑞々しい表現力で描かれる、ワタリと人間の世界が交差する世界線上でのラブストーリーが今始まる―

ランキング情報

全部読む 最新50
1 : 名前: レニ 2018/10/27 (Saturday) 17:04:24 5077

先輩が変身するときの「もももももも……」って擬音が好き。

2 : 名前: レニ 2018/10/27 (Saturday) 17:11:08 5078

ちょくちょく出てくる、弁当を開ける開けない云々っていうのモノローグが良く分からないんですけど、どういう解釈をすればいいんでしょう。先輩:主人公=主人公:弁当で、弁当の開く/開かないが主人公が食べられる/食べられないに対応していたりするんですかね。

3 : 名前: レニ 2018/10/27 (Saturday) 17:11:52 5079

僕は人外の女の子に食べられたいんですけれども

4 : 名前: ファービー 2018/10/29 (Monday) 10:28:25 5161

どちらかと言えば僕は先輩を食べたいよ

5 : 名前: ばいたると 2018/10/29 (Monday) 16:27:30 5235

全体的に叙述トリックっぽい表現がある。
「扉を開ける」で「弁当の蓋」だったり、そもそもタイトルが「胃袋を掴む」的な意味ではなくて「僕が足りない(物理)」って感じだったり。

6 : 名前: 1353 2018/10/30 (Tuesday) 02:04:54 5272

座談会では指摘されていなかったが蒔絵くんが弁当を作る飯漫画という軸もある。弁当の描写は無視できないほど丁寧。
オネショタ・セカイ系・飯と、闇鍋のような漫画なのにちゃんと作品として成立しているのはすごい。

7 : 名前: 醤油 2018/10/30 (Tuesday) 08:06:52 5280

蒔絵くん、撒き餌としての宿命を素直に受け入れすぎでしょ。怖いよ

8 : 名前: yuuclassic 2018/10/30 (Tuesday) 13:41:48 5288

第1巻だけでは、この漫画の主軸がセカイ系なのか、オネショタなのか、あるいはその両方なのかが、判然としないなぁというのが感想です。単に僕の読解力不足かもしれませんが。
この漫画はどこに向かうのでしょう?

9 : 名前: ホリィ・セン 2018/10/30 (Tuesday) 20:12:39 5303

ショタが生殺与奪を握られている系おねショタすき

10 : 名前: ホリィ・セン 2018/10/30 (Tuesday) 20:15:42 5304

セカイ系っぽくしたいんなら、もっと蒔絵くんに葛藤が必要。エヴァのシンジくんみたいに「うわああああ」ってならないと

11 : 名前: ホリィ・セン 2018/10/30 (Tuesday) 20:15:53 5305

生殖ができるのか気になる

12 : 名前: 1353 2018/10/31 (Wednesday) 02:49:46 5336

満腹ちゃんが人間世界に溶け込むためにコミュニケーションのハウツー本を読んでいたシーン、見ていて辛くなる。

13 : 名前: まるた 2018/10/31 (Wednesday) 14:12:25 5356

一般的なセカイ系の定義に則れば、蒔絵くんの思春期的葛藤が前面に出てくるべき。

14 : 名前: まるた 2018/10/31 (Wednesday) 14:17:37 5358

>レニ 弁当の中身は開けてみないと分からないワクワク感があり、転じて、弁当の蓋は異世界への扉に通ずるものがあるという理論。満腹先輩と蒔絵くんの関係が(人間・ワタリ両方の意味で)「食」で演出されているのもあるが。

15 : 名前: QP 2018/11/01 (Thursday) 03:54:13 5395

ゴチャゴチャ考えんと「カワイさ」を脳に届けりゃええねん

16 : 名前: りるっと 2018/11/01 (Thursday) 14:49:59 5423

何より絵が上手くてキャラクター達が愛らしく、うっとりと見つめてしまう。漫画も上手い。物語も面白い。日常に寄り添う非日常、好き。

17 : 名前: コト。 2018/11/01 (Thursday) 15:39:13 5439

シンプルに可愛いだけで読めちゃう。二人ともかぁいいね、、、すきだよ、、!

18 : 名前: ころも 2018/11/02 (Friday) 00:55:46 5454

とにかくかわいい

19 : 名前: ふれにあ 2018/11/02 (Friday) 06:49:12 5499

おなかの音が尋常じゃない

20 : 名前: 黒部 2018/11/02 (Friday) 15:29:30 5553

大きい顔にビックリして気持ちよくなる漫画。現実世界とワタリの世界どちらも支えんとす舟次くんと人間若葉マークの先輩を見ると、舟次くんの方が精神的に優位に見える。ショタおね。

21 : 名前: 1353 2018/11/04 (Sunday) 14:59:00 5599

船次蒔絵はあこがれの先輩満腹さちに自分の好意を伝えるべく手作りの弁当を渡す。しかし満腹さちの正体は人間ではなくワタリと呼ばれる異世界の怪物だった。蒔絵はワタリである先輩に捕食される危険を冒しながらも彼女に向かい合い弁当を食べてもらい好意を伝える―あの人の胃に僕を満たすために―。そして満腹さちはワタリに変身するのを抑えるために、蒔絵への恋心を必死に抑えようとする。この不器用な恋の結末はいったいどうなるのか?数々のスピンオフ・同人作品を手掛けてきたチョモランの瑞々しい表現力で描かれる、ワタリと人間の世界が交差する世界線上でのラブストーリーが今始まる―

似ている漫画(デモ) 停止中
© 京大漫トロピー
ページの終わり。。。